品質を落とすことなくオンラインで動画を軽くする方法

更新日時: 2021. 09. 07

大きなビデオファイルは、共有とストレージで問題になる可能性があります。それらはハードドライブ上で多くのスペースを占有し、ローディング時間が生じてしまいます。その上、大きなビデオファイルはブログや電子メールなどにも理想的ではありません。

そこで、品質を落とすことなくオンラインで動画を軽くする方法をご説明します。無料のソリューションに加えて、Windows10およびMac用のものをご説明します。

ここで学べるもの:

ベストな動画リサイズ設定

無料のオンライン動画圧縮ソフトに移動してビデオファイルを縮小する前に、ビデオファイルの物理的なサイズを定義する従来のビデオ品質と技術的側面について簡単に説明しましょう。

クラシック動画品質、画質、画面比:

  公式名称 ピクセルサイズ(幅&高さ) 画面比
8k or 4320p 8k 動画(Full Ultra HD) 7680 x 4320 16:9
4k or 2160p 4k 動画(Ultra HD) 3840 x 2160 1:1.9
1440p QHD (Quad HD) 2560 x 1440 16:9
1080p (おすすめ) Full HD 1920 x 1080 16:9
720p HD (高解像度) 1280 x 720 16:9
480p SD (標準解像度) 852 x 480 16:9

動画の品質を維持しながら4kまたは8kビデオのファイルサイズを縮小するには、ビデオ解像度を1920 x 1080p(フルHD)または1280 x 720p(HD)に縮小することを強くお勧めします。これら2つのビデオ品質が最高の視聴とすべてのオンライン動画のプラットフォームとの互換性を約束するためです。

それで、動画解像度(4320p、2160pまたは1080p、720p、またはピクセル数など)に加えて、動画ファイルのサイズを定義するものは他にありますか?さて、さらに4つの要素があります:

  • ビットレート: ビットレートとは、1秒あたりにオーディオとビデオに転送されるデジタル情報の量を指します。「ビット/秒」としても知られています。ビットレートが高いほど、ビデオサイズが大きくなり、動画の品質が向上します。たとえば、1080pビデオの場合は8Mbpsですが、720pビデオの場合は5Mbpsです。
  • フレームレート (またはFPS): 動画は実際、大量の画像で構成されています。また、フレームレートによって、1秒間に連続して表示される画像の数が決まります。フレームレートが高いほど、ビデオは滑らかになり、ファイルサイズは大きくなります。たとえば、ほとんどの映画やドラマは24FPSで撮影されています。
  • エンコーディングとエンコーダ: 想像してみてください。動画が車であり、ビデオの解像度、ビットレート、フレームレートです。エンコーディングとエンコーダはビデオのシャーシとフレームである必要がありますが、異なる自動車部品になります。一般的に見られるエンコーディングはH.264、H.265であり、エンコーダはMP4、MOV、AVIなどです。
  • おすすめのビデオ品質設定:

    動画フォーマット(エンコーダー): MP4(プラットフォーム)

    動画の画素数: 1080p; 720p

    ビットレート: 1080p―8Mbps、720p-5Mbps

    フレームレート: 24-30 FPS

    エンコーディング: H.265

    H.264エンコーディングと比較して、H.265は高解像度ビデオを生成するためにとかして作成されており、同じレベルの動画品質で25%から50%高いデータ圧縮を提供します。

    オンラインで動画を圧縮する方法

    これで、動画品質とビデオファイルサイズの設定が分かりました。次に、おススメの動画圧縮ソフトをご紹介します。

    1. FlexClip動画圧縮ソフト

    FlexClipは、機能が豊富な無料のオンライン動画編集ソフトでして、動画サイズを減らす2つの方法を提供します。動画を直接圧縮します。スプリッターとトリマーを使用して、ビデオの不要な部分を削除し、元のビデオの720p、480pとして出力します。

  • オプション1:FlexClipを使用する
  • FlexClipオンライン動画圧縮ソフト > に動画をドラッグアンドドロップし、パーセンテージとビデオ解像度を選択して元の動画を圧縮します。

  • オプション2:動画の不要な部分を分割・トリミングする
  • 動画には不要な部分が良くあります。これは、元のビデオの20〜30%を圧縮するのに役立ちます。クリップをFlexClipビデオエディタにアップロード > タイムラインに追加>クリップの不要な部分を分割し、ビデオスライダーをドラッグしてビデオの長さを調整し、最後に720Pまたは480Pでビデオを出力します。

    ヒント
    カスタマイズ可能なデザイナー作成のテキストアニメーション、ビデオトランジションを使用して、トリミングされたクリップを滑らかにすることもできます。

    2. FreeConvert圧縮

    FreeCovertは、用途の広い画像およびビデオツールです。この無料のビデオコンプレッサーを使用すると、ビデオファイルを数秒で圧縮できます。ビデオファイルをアップロードするだけで、ビデオサイズをパーセンテージ、正確なファイルサイズ、ビデオ品質、解像度、最大ビットレートとエンコーディングで動画を圧縮することが出来ます。

    3. 埋め込みコードを使用してオンラインでビデオサイズを圧縮する

    オンラインで品質を落とすことなく圧縮するには、頭を柔らかくして考える必要があります。大きなビデオファイルをブログやメールに埋め込む場合は、YouTubeなどのビデオホストプラットフォームにアップロードし、ビデオを右クリックして埋め込みコードをコピーし、後で埋め込みコードを貼り付けるのが現実的な方法です。その後、視聴者または電子メールの受信者は、品質が落ちていない動画を楽しむことができます。

    コツ:Windows 10とMacで直接圧縮

    インターネットにアクセスできない場合、Windows 10およびMacユーザーの場合は、元々インストールされているビデオエディターを使用して、ビデオファイルをローカルで圧縮することもできます。

    1. Windows 10ユーザー向け動画圧縮方法

    ステップ1. Windows 10での動画エディターを始める

    タスクバーに行き“video editor”を入力。アプリのアイコンをクリックして開く。

    ステップ2. 動画をアプリにアップロードする

    “New Video Project”をクリック→動画の名前→動画をアップロード→ストーリーボードに動画を落とす。

    ステップ3. 動画の品質を選択し、出力する

    “出力 or 共有”をクリックし、動画品質(720p or 1080p)を選択、そしてローカルに保存してください。

    2. Macユーザー向け圧縮方法

    元々インストールされているQuickTimePlayerは、単なるメディアプレーヤーではありません。また、ビデオ圧縮の実行可能なツールとして使用することもできます。

    ステップ1
    Quicktime Playerと動画ファイルを開く
    ステップ2
    元の動画を圧縮して出力する

    “ファイル”に行き→“こちらで出力”→720pか480pを選択し、圧縮したものを出力。

    最後に

    ビデオの撮影と編集に多大な努力が払われていることを考えると、私たちはファイルサイズを抑えながら視聴者に最高のビデオ品質を提供したいと考えています。そのために、ビデオを縮小するために強く推奨される設定は、1080p(または720p)、8-5Mbps、24FPS、およびH.265エンコーディングとMP4エンコーダーです。もちろん、自分で最適なものを見つけることも出来ます。重要なのは、ビデオ品質とビデオファイルサイズのバランスを取ることです。したがって、まずはFlexClipを使って今すぐ大きなファイルを圧縮します。

    おそらくあなたが興味を持つ

    Group 11
    Make a free video online
    動画作成が初めての方は、
    ぜひFlexClipで!
    無料で始めましょう